引越しの準備の一つでもある現状復帰を必ずする理由

作業員
  1. ホーム
  2. 退去時に行う工事

退去時に行う工事

工具

部屋を綺麗に戻すには

借りていた不動産を貸主に返す時には、そのままの状態というわけにはいきません。借りていた人には原状復帰の義務があるからです。この原状復帰ですが、どの程度まで状態を戻すのかで揉めることもしばしばあります。原状復帰の意味合いは借りた時の状態に建物を戻すことですが、借りていた年数によって通常使用による経年劣化が起こっていることもあります。また借りた時に新品の状態であればそこまで戻さなければならないのかと言えばそうではなく、一般的に原状復帰が指す意味は汚してしまった場所や必要以上に劣化した箇所を直すということです。原状復帰は曖昧な意味合いでもあるため、貸主と借主の間で行き違いがないようにしておくことも大切です。

費用は借主が持つので

原状回復工事を主に扱う業者も存在し、この業者と貸主は契約しています。家を出て行くことになれば、部屋の中を確認し必要な箇所に原状回復工事を施すことになります。この費用は借主が負担することになりますが、急に請求されてしまえば負担も大きくなります。そのため賃貸物件では敷金の制度があり、原状復帰をスムーズに行えるようにしているのです。部屋を綺麗に使っていたり、オーナーの意向によってはこの敷金は戻ってくるケースが多くなります。工事を最小限に抑えたいと考えるなら、壁面や床に汚れを残さないように掃除を徹底しておくことや備品を壊さないように心がけることが大切です。もちろん傷などを作ることもいけませんので、壁に穴などは開けないようにしましょう。