引越しの準備の一つでもある現状復帰を必ずする理由

作業員

業者に代行してもらう

空き部屋

原状回復を満足した形で終えるためには、業者に依頼して代行してもらうことをお勧めします。仕上がり具合が完璧で、費用も納得する形で請求されます。自分でやるにはあまりにも難易度が高いため、必ず業者に依頼するようにしましょう。

担い手の多様性と専門性

ヘルメット

多様な担い手がいるのが原状回復工事であり、外部業者に依頼するときにはよく選ばなければならないでしょう。工事内容に応じて専門性のあるスタッフが必要になる場合がありますが、専門性が不要であれば安く実施できる業者を選べる可能性があります。

復帰工事の値段はいくらか

空室

予想外金額のときの対応

オフィスや店舗の現状復帰をするときに業者に見積もりを取ってもらいますが、予想外の金額が出てしまうこともあります。こういうときはまず見積もりをちゃんと見ておきましょう。その値段が妥当かどうかを確認するのです。基本的にオフィスや店舗をも元の状態に戻すのが現状復帰になるため、設備を全て新品にする必要がありません。工事ではなくクリーニング程度の作業で済ませられる状態の可能性もあるのです。廃棄処分をするときにはお金が必要ですが工夫することで廃棄処分費用を払わなくてもよくなります。例えば売却できる家具であればリサイクルショップに持っていってお金に換金できるのです。専門家を利用して適切な見積もりなのかチェックしてもらうのもいいでしょう。

物件で値段が変化する

知っておくと便利なことといえば相場ですが、これは現状復帰する場所によって変化します。20坪程度の事務所であれば100万円もかからない金額です。高くても50万円程安いところであれば30万円台で済ませられます。大きなショッピングモールになるとテナントで入っているお店の現状復帰になるのです。こちらはスケルトン工事を行うことを前提とした場合100万円以上の金額がかかります。ただし業者の施工により値段が変動しますが振り幅が結構あるのです。店舗で経営しているお店の場合1平方センチメートル辺りいくらの金額かかる計算になります。大体7000円程度の金額と見ておきましょう。飲食店経営をしている場所も店舗と同じくらいの現状復帰値段です。

退去時に行う工事

工具

原状復帰は家の退去時に発生するものであり、借りた時の状態に建物を戻すことを指します。もちろん新品の状態に戻すことはできないため、目立つ汚れや傷などを直していくのが一般的な原状復帰工事の方法となります。